仕事の悩みや疑問をキャリア10年の社労士が考えるブログ

仕事の悩みや疑問をわかりやすく解説するブログです。あなたの会社ライフが少しでもよいものになりますように!

代休はいつまでに取ればいいのでしょうか?

f:id:keeppaddling2017:20180225214741j:plain

 

今回のご質問

「休日出勤をしたので代休の取得を考えています。

ただ、忙しい日が続いており、いつ取得できるかわかりません。

いつまでに取得すればよいのでしょうか?」

 

お答え

法律上は期限が定められているわけではありません。

ただし、会社のルールで定められている場合がありますので確認しておきましょう。

 

今回のポイント

 代休とは

そもそも代休とは、「休日労働をした場合に、その代わりとして休憩と自由時間の確保のために後日与えられる休日のこと」を指しています。

ただ、代休は法律で定められたものではありません。

会社で決めた任意のものですので、代休制度のない会社もあることになります。

したがって、いつまでに取得しなければいけないという決まりも法律上はないのですが、会社で決めている場合にはそれに従うことになります。

多くの場合は就業規則に明示がされているのではないでしょうか。

勤怠計算期間中になどという場合が多いと思います。

勤怠計算期間というのはいわゆる何日締めというものですね。

月末締めの翌月20日の給与払いとか。

その期間の中に清算しないとお互いにいつの分だかわからなくなってしまいますので決められた期間の中で精算をしておきたいですね。

 

振替休暇との違い

ここで、代休とよく比較になる振替休暇を押さえておきましょう。

代休とは「休日に勤務を行わせた場合に、その代償として出勤日に休日を与えること」を指し、振替休日とは「あらかじめ休日と勤務日を入れ替えること」を言います。

 

なんとなく同じように見えるのですが、代休の場合は、例えば平日に終わるはずの仕事が終わらなかったので週末までかかってしまい、やむなく日曜まで出勤したケースを想像していただくとわかりやすいかと思います。この場合、休日は休めるはずだったのに終わらなかったので勤務したので時間外労働扱いとし、また、休憩が必要なので翌週平日に代休として休みをもらう、ということになります。

それに比べて振替休暇というのは例えばお客さんや自社の都合で水曜日に出社しても仕事がないような場合、水曜日を休みにしてその代わりに日曜日に出社して仕事をする、というようなケースで、この場合は日曜日が勤務日、水曜日が休日、というようにただ勤務日変更をしただけですので時間外労働の扱いもない、というような考え方になります。

 

割増賃金との関係

代休の場合はそもそも休日だった日に働いているわけですから、休日時間労働の割増賃金が発生します。

ですので、給料の額としては休日労働を1日行い、代休を取得しない場合であれば、1日分の給与×休日労働割増率が支払われることになり、代休を取得した場合は代休を取得した日分は働いていないことから一日分マイナスとなり、差額の割り増し分だけ払われる、という考え方になります。

 

実際の現場では

振休および代休については上記のように法律上は取得期限はないものの、実務上は勤怠管理や給与計算の実務上、1カ月以内など期日があるところが多いのではないでしょうか。

振替と代休については現場のマネージャーさんでもよく理解していないケースも多いと思いますので人事や総務の担当者の方に確認しながら取得されることをお勧めいたします。

 

 

なお、この内容はあくまで一勤務社労士の知識と経験に基づいてお伝えしています。

実際の事例においては必ず上司の方や人事部・総務部の方などにご相談ご確認

頂けますようよろしくお願いいたします。