仕事の悩みや疑問をキャリア10年の社労士が考えるブログ

仕事の悩みや疑問をわかりやすく解説するブログです。あなたの会社ライフが少しでもよいものになりますように!

健康診断は受けなくてもいいですか?

 

今回のご質問

「会社から健康診断の案内が来ました。忙しいし、健康には自信があります。

どうしてわざわざ受診しなくてはいけないのでしょうか」

f:id:keeppaddling2017:20180305200819j:plain

 

今回のお答え 

健康診断は受診をしてください。その理由は・・

 

今回のポイント

法律で定められている?

健康診断は労働安全衛生法という法律で義務となっています。

会社は従業員のために健康診断を実施しなければいけないという義務がありますし、従業員は会社が実施する健康診断を受けないといけないという義務があるのです。

 

会社が受診させないとどうなる?

もし会社が健康診断を実施しなかったり、従業員に受診をさせない場合はどうなるかというと、罰金を科せられたり、安全配慮義務違反を問われたりすることになります。

 

安全配慮義務って?

安全配慮義務というのは、社員が安心して働けるように会社が環境を整えることです。

過労死が発生した場合などに、会社は安全配慮義務を果たしていたのか、と問われることが多いですよね。

 

健康診断を拒否するとどうなる?

さて、このように会社が健康診断を従業員に受診させないと罰則などがあるわけですが、従業員が受診しなかった場合はどうなるのでしょうか?

この場合は業務命令違反で懲戒処分になる可能性が考えられます。

つまり、受診は義務であり業務命令なのだから、拒否することは法律違反だけでなく、業務命令違反や職務専念義務違反などとして取り扱うことができる、ということなのですね。

これについては過去にも健康診断受診を拒否したことによる減給を認めたという判例もあります。

 

実際の現場では

いつも通っている病院があるから、そこで診てもらうから大丈夫、という方がいらっしゃいます。確かにご本人にとっては“大丈夫”なのでしょうが、前述したようにそのままでは会社の安全配慮義務は満たされません。受診が終わったらその報告は勤務先にしておくべきと考えます。

 

また、最近は各受診機関もかなりきれいなところが増えています。

受付を通ると男女別々のエレベータに乗ってそれぞれのフロアへ、そのあとは高級スポーツクラブも顔負けのロッカールームで着替えて、最後はおやつまででるところも。

めんどくさい、という気持ちはわかりますが年に一回の健康診断です。

自分の体は自分でしか守れません。あなたご自身のためにぜひ受診をお勧めいたします。